意外にも10代に多い若年性脱毛症

意外なことに薄毛 10代 女性が増えています。薄毛の悩みなんて年配特有のもの…と思われる方も多いと思いますが、10代という若さで薄毛に悩む女性は年々増えているのです。主に若年性脱毛症などとも呼ばれています。これは、過激なダイエットによる栄養失調や食生活の乱れによって、頭皮や毛根に発毛に必要な栄養が行きわたらないことが原因だったり、頭皮や髪を傷めるカラーリングやパーマなども薄毛に繋がる行為です。場合によってはポニーテールや髪の毛を引っ張るようにデザインする髪型なんかも薄毛の原因となったりしますし、巷で溢れている安価なシャンプーなども髪に悪影響を与えることがあります。

 

ホルモンの分泌量が盛んな10代は、今上げたような要因を取り除いて対処することで、自然に薄毛が改善することがほとんどです。育毛剤を積極的に使わないと薄毛が治らない…と言うほどではないと思われますので、あまり思いつめずに考えられる要因を取り除いていきましょう。

 

そうは言ってもやはり日ごろから髪や頭皮のために、アミノ酸系のシャンプーを使用したり、添加物の少ないシャンプーを使ったりすることがおすすめです。あわせてスタイリング剤(ワックスやスプレー)の多用も控えたいですね。

 

それと喫煙が頭皮や髪にもダメージを与えてるのはご存知でしょうか?煙草に含まれるニコチンは、その作用で毛細血管が収縮してしまい、それによって血流が悪くなってしまい薄毛の原因を作り出してしまうのです。それと睡眠不足も髪や頭皮に悪影響を与えます。規則正しい生活を心がけ、出来れば22時頃には就寝することをおすすめします。

女性におすすめの育毛剤

チャップアップ
チャップアップ

公式サイトへ


マイナチュレ
マイナチュレ

公式サイトへ


花蘭咲(からんさ)
花蘭咲(からんさ)

公式サイトへ