女性ホルモンの減少や乱れは薄毛に繋がる大きな原因

薄毛 女性ホルモン、この二つには密接な関係があります。女性ホルモンのひとつ、エストロゲンは、髪の毛を作ったり、毛髪の成長を促す役割のあるホルモンです。

 

このエストロゲンは、残念なことに、40代以降は徐々に減少していってしまうホルモンで、その結果、更年期と呼ばれる40代〜60代がもっとも薄毛の悩みを持つ世代とされています。

 

しかし近年では加齢によるホルモンの減少以外にも、若い女性もホルモンバランスの乱れが原因で薄毛となってしまう方も多いようです。まず若い女性のホルモンバランスが乱れる理由としては、生活習慣が大きな要因となってします。たとえばストレスや喫煙、食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足などです。生活習慣の乱れで、ホルモンバランスを乱れさせてしまうと、頭皮の状態が悪化してしまい、薄毛を招いてしまいます。ホルモンバランスも乱れは薄毛だけでなく、肌荒れやひげが生えるなど、女性にとっては避けたい悩みまで引き起こします。

 

イソフラボンは女性ホルモンを整える効果的な栄養素

エストロゲンと同様の働きをする栄養物質に、イソフラボンがあります。イソフラボンは、大豆に多く含まれています。イソフラボンが優秀な点としては、体内にエストロゲンの量が過剰にある場合は、抑える役割をし、足りない場合は、補う効果があると言う点です。中には抜け毛対策のために女性ホルモン剤の服用を考える方もいますが、まずは規則正しい食生活を心がけ、その食事の中に積極的に大豆製品を取り入れてみてはいかがでしょうか。最近ではイソフラボンに特化したサプリもあります。

 

女性におすすめの育毛剤

チャップアップ
チャップアップ

公式サイトへ


マイナチュレ
マイナチュレ

公式サイトへ


花蘭咲(からんさ)
花蘭咲(からんさ)

公式サイトへ