女性の薄毛には更年期が関連しています

男性の場合には加齢により髪が薄くなるのは自然なことだとされていますので、ある程度の年齢以上であれば薄毛を発症しても「年だから仕方がない」と納得することができるでしょう。

 

しかし女性の場合には年を重ねても髪は薄くならないというイメージがありますので、実際に薄毛になってしまうとその悩みは男性以上に深刻なものになります。今回は女性が薄毛を発症してしまう原因について詳しく解説してみたいと思います。

女性は更年期になると薄毛を発症しやすくなります

 

女性ホルモンの減少が影響しています

女性の髪の成長にはエストロゲンという成分が影響しています。エストロゲンは女性ホルモンの一種であり髪の成長期を伸ばす働きがあるのです。わかりやすく言えばエストロゲンが多ければ髪が抜けにくくなるのです。髪が抜けにくくなればそれだけ薄毛は発生しにくいということになります。

 

妊娠出産の前後で髪の量は変化します

エストロゲンの働きを実感できる例としては妊娠出産があげられます。妊娠をすると女性ホルモンの分泌が活発化するためエストロゲンの働きも高まります。そのため妊娠中の女性の多くが髪が増えたことを実感するのです。しかし出産後になると今度は逆に多くの髪が抜けるようになります。これは産後脱毛と呼ばれる現象なのですが、出産が終わって女性ホルモンの分泌が沈静化したことにより体内のエストロゲンの働きも通常の状態に戻ったことが原因なのです。

 

女性の薄毛には更年期が大きく関連しています

女性が閉経を迎えると同時に女性ホルモンの分泌量は低下します。エストロゲンの働きも低下しますので髪が抜けやすくなり髪の量が減ってしまうのです。男性のように急激に薄毛が進行するということはないのですが、髪全体が薄くなりスカスカになってしまうのです。

 

血行不良が薄毛の原因である場合もあります

冷え性の女性は薄毛に注意が必要です

女性には冷え性の人が多いのですが、冷え性は薄毛の原因にもなりますので注意が必要です。冷え性の主な原因は血行不良なのですが、血行不良は薄毛にとっても大敵なのです。髪の成長のために必要な栄養は血液によって運ばれます。血行不良になると必要な栄養が届かないため髪は栄養不足の状態になってしまうのです。栄養が不足すると髪はしっかりと育つことができず薄毛を発症してしまうことになります。

 

育毛剤で血行不良を改善しましょう

薄毛の予防のために血行不良の改善に取り組んでみましょう。最近の育毛剤には血行の状態を改善する効果のある成分を配合したものが増えていますので、積極的に育毛剤を利用することをおすすめしたいと思います。

女性におすすめの育毛剤

チャップアップ
チャップアップ

公式サイトへ


マイナチュレ
マイナチュレ

公式サイトへ


花蘭咲(からんさ)
花蘭咲(からんさ)

公式サイトへ