育毛剤に含まれる成分には様々な効果を期待することができます

育毛剤に配合されている育毛のための成分は発毛や抜け毛予防などに高い効果を発揮することになります。今回は育毛剤に配合されている成分のそれぞれについてさらに詳しく確認してみたいと思います。

 

ミノキシジルについて

ミノキシジルは髪を成長させる効果が高いとされている成分です。最近はこのミノキシジルを配合する育毛剤が増えていますので実際に使用しているという人も多いかもしれません。ミノキシジルはもともとは血管を拡張させて血圧を低下させることを目的にアメリカで開発された成分だったのですが、本来の効果以外に毛が濃くなるという副作用が報告されたことで注目を集めるようになりました。ミノキシジルを主成分とした育毛剤はこの副作用に着目して開発されたものです。ミノキシジルを頭皮に塗布した場合には血管を拡張して血流を増加させる効果が期待できます。さらに毛母細胞を活性化させる効果や男性ホルモンの働きを阻害する効果なども認められるため、ミノキシジルは髪を成長させる成分として認知されているのです。

 

フィナステリドについて

フィナステリドはミノキシジルと同じく幅広い育毛剤に使用されている成分です。ミノキシジルは髪の成長に働きかける成分なのですがフィナステリドは抜け毛を予防する成分になります。フィナステリドには「5α-リダクターゼ」という酵素の働きを抑える効果があるのです。男性ホルモンの一種であるテストステロンが何らかの原因により5α-リダクターゼと結びつくと抜け毛の原因物質であるジヒドロテストステロンに変性することになります。

 

フィナステリドを使用して5α-リダクターゼの働きを抑えることができればジヒドロテストステロンの発生を抑制して抜け毛を予防することができるのです。またフィナステリドは髪に対して直接効果を発揮する成分ではないのですが、実際には使用したことで髪の量が増えたとい感想を持つ人が多いようです。フィナステリドを3年以上継続使用した人の78%が髪の量が増えたと実感していますし、髪が太く長く伸びるようになったという効果なども確認されています。さらに育毛剤の効果がなかなか現れにくいとされている生え際の薄毛に対しても効果が認められていますので、男性型薄毛で悩んでいるという人はぜひとも試してみてください。

 

その他の成分について

ミノキシジルやフィナステリドだけでなく育毛剤には様々な薄毛に効果的な成分が使用されています。加水分解酵母エキス・白薬師エキス・ペンタデカン酸グリセリド・パントテン酸カルシウム・ピオトンなどの成分には毛母細胞を活性化させる働きがありますし、センブリエキス・ニンジンエキス・トウガラシチンキ・ニコチン酸アミドなどの成分は頭皮の血行促進のために効果的です。またビタミンE・ナイアシンアミド・海藻エキスなどの成分も育毛のためには効果的だとされています。含まれる成分により育毛剤の効果は大きく異なりますので、それぞれの成分の働きをしっかりと確認して自分の薄毛の症状に適したものを選んでみてください。

女性におすすめの育毛剤

チャップアップ
チャップアップ

公式サイトへ


マイナチュレ
マイナチュレ

公式サイトへ


花蘭咲(からんさ)
花蘭咲(からんさ)

公式サイトへ