女性のパーマは薄毛にはあまり良くない

薄毛に悩み始めると、髪のボリュームを出したくなって、パーマをかける女性が多いそうです。薄毛 パーマ 女性がしても大丈夫なのでしょうか?結果から言うと、出来ればパーマもカラーも控えてもらいたいのが本当のところです。パーマは想像以上に髪を傷めますが、それ以上に痛むのが頭皮なのです。パーマを経験されたことのある方なら分かると思うのですが、パーマ液を頭皮に付けるとヒリっとしたことはありませんか?それは頭皮が刺激を受けている証拠です。

 

【薄毛にパーマやカラーは控えたほうが良い】
薄毛の進行に悩んでいる女性は、パーマやカラーは我慢するのが望ましいでしょう。それでもあまりにも薄毛が気になって外出もままならない…と言うときは、ホットカーラーやヘアアイロンなどを使い、あくまで頭皮にダメージを与えないですむ方法でヘアアレンジを楽しみましょう。

 

それでもどうしてもパーマをかけたいと言う場合は、出来る限り優しいパーマ液を使用したサロンを探すことや、かける頻度を減らし、かける間隔も長めに取りましょう。最低でも、傷んだ髪や頭皮が修復される2〜3ヶ月は開けたいところですね。パーマを掛けた後に使うシャンプーは、アミノ酸系の洗浄力がマイルドなタイプを使うことをおすすめします。刺激も少なく、血行も良くする作用があります。多く見られる、石油系のシャンプーは洗浄力がとても強く、パーマを取れやすくしてしまいます。

 

さらにパーマをかけるときに注意してもらいたいのが、アレルギー体質の方です。毛穴の周りの炎症や、毛穴の閉塞などで、頭皮が過剰に反応してしまい、薄毛、かゆみ、赤みの原因となります。

 

女性におすすめの育毛剤

チャップアップ
チャップアップ

公式サイトへ


マイナチュレ
マイナチュレ

公式サイトへ


花蘭咲(からんさ)
花蘭咲(からんさ)

公式サイトへ